製販管理部生産管理課

職種紹介・先輩社員

 

 

“できなかったこと”を“できる”に変える。

生産管理課

情報マネジメント学科(2009年入社)

仕事内容

コミュニケーションから生まれる生産計画

私は円筒ころ製造現場での1ヶ月毎の生産計画を作っています。大学時代に経営工学を学んでいたので、そのときに学んだ知識を活かして取り組んでいます。ただ納期を守って材料を流すのではなく、どのような計画を立てれば効率よく生産できるかを考えなければなりません。そのためにはお客様とはもちろん、社内の作業者とのコミュニケーションが重要なポイントとなります。自分の考えや計画の立て方次第で東振の生産能力が決まってしまうという、とても責任の重い仕事ですが、それこそが達成感に繋がっています。
計画の結果も達成感を感じる一つですが、やはりお客様や東振の作業者が自分の計画で喜んでくれたときの達成感には計り知れないものがあります。計画作業自体はパソコンで行いますが、人との関わりがとても強い仕事です。

熱い思い

現場経験が今に繋がる

私は工場見学に行ったときに東振の魅力を感じました。ころ製造の最初から最後までを東振が手がけていることやグループ内でころを作るための機械まで製造していることに驚きました。大学時代に経営工学を学んでいたことから、自社製品の製造段階のすべてを担う生産管理に携わることができたらと考えていました。この業務に就くまでは円筒ころの生産現場で作業していました。その経験があったからこそ、今でも現場の作業者のことを考えながら仕事ができています。
そんな自分の目標は『円筒ころといえば東振!』と言ってもらえるよう、今まで“できなかったこと”を“できる!”に変える、効率の良い生産計画を立てていくことです。

仕事

 

 

就活生への気合メッセージ

自分を知って、自分に合う企業選びを

自己分析のためにも業種関係なくいろんな企業を回ってみて、自分に合う企業を見つけてください。会社に入ってからは毎日が勉強です。学生の内にたくさん遊び、その中から多くのネットワークをつくってください。

Posted in 2012.02.21 |

採用に関するへのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ:0761-58-5222