技術開発部生産技術課

職種紹介・先輩社員

 

苦戦続きでも諦めない!

生産技術課

生物圏環境科学科(2012年入社)

仕事内容

私は、ローラの表面を削るための砥石の開発をしています。東振のローラの特徴は『サブミクロン(1/10,000mm)』のレベルまで追求された精度です。この精度を維持向上していくために、砥石メーカとの開発を通して、東振独自の研削技術を創り上げていくことが私の仕事です。ただ、元々の専攻が生物化学ということもあって初めは苦戦続きでしたが、提案した砥石の加工テストを行い、思い通りの結果が出たときはとても嬉しかったことを今でもハッキリと思い出せます。こうして新しく開発した砥石は高精度なローラの加工を実現するだけでなく、使ってもなかなか減らないような工夫も折り込まれているため、加工や砥石交換にかかる時間のムダも削減することができます。
また、生産技術係の役割として、お客様である現場の作業者が『大変な作業・困っている事』や『こうしたい』という事を改善・実現化するのも一つの大きな柱です。そのために、日々現場の現状調査や意見交換をしながら問題の本質を探っています。結果が出るまで諦めずに繰り返しやり続ける。そして、世の中にあるもので対応できない場合は、技術・機械を自分たちの手で創る。そういったところが東振でのものづくりの醍醐味、そして伝統だと思います。私は砥石の開発という観点から貢献できるように、日々試行錯誤しています。
私がこの部署に配属されるまでは男性しかいない職場でした。しかし、女性だからこそ気が付ける細かな部分や視点、重量物への改善といった事でより簡単で使いやすく、なにより安心して仕事に打ち込める作業環境を作っていきたいと考えています。そして、作業者の方に『働き易くなった』と言ってもらえるようにこれからもチャレンジし続けていきたいと思います!

東振を選んだ理由

東振の人柄と心意気に惹かれて​

私は物を作るのが好きだったので、製造業への就職を希望しました。私が大学で専攻していた分野は生物化学だったので、機械等の知識が少なく不利かなと思っていました。しかし採用担当者は、大学で何を専攻していたかではなく個人としてどういう人間なのかをみてくれました。その人柄から東振の仕事環境が良い所なのだろうという印象を受けました。会社の詳細を調べると、サブミクロンへのこだわりと世界一のローラメーカーを目指す心意気に惹かれ、決めました。

仕事

 

就活生への気合メッセージ

自分の成長に必要な壁​

就職活動をして行く上で、上手くいかない事、思うように進められない事などがたくさんあると思います。それをただ嫌々やるのではなく自分の成長に必要な乗り越えるべき壁と思ってほしいです。手を抜かずそれを乗り越えれば、社会人になった時、どの会社に入社してもそのことが活きてくるはずです。

Posted in 2016.12.24 |

採用に関するへのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ:0761-58-5222