社長からの言葉

president1

東振グループ 代表取締役
中村 俊介

revolution

東振が造っているのはベアリングに組み込まれるローラ。このローラが滑らかに回転しなければ、社会のいたるところが回りません。自動車、コンピュータ、エレベータ、工作機械、回転するところにベアリングは使われ、その中心にローラが存在します。地球には重力が存在し、それ故に物体が接する面には必ず摩擦が生じます。ベアリングはこの摩擦の力を減衰させ、文明社会を滑らかに回転させる役割を担っているのです。

そのために、ローラに求められる精度はサブミクロン(1万分の1mm)単位、精密測定機があればこそ確認できる精度です。しかも、1日で生産する1千万個が精度を求められているのです。その精度を保証するのが東振の技術力。東振テクニカルで開発・製作される加工機械と測定装置、60年を超えるローラづくりから蓄積してきた加工技能とknow how、加えて、ISOの認証を受けた品質管理体制による厳しい規格管理、これらの集合が東振の技術力です。

しかし、この技術力だけでは、高精度のローラを毎日1千万個安定生産し続けることはできません。私たちが技術力とともに大切と思っているのが人間力です。ものづくりに携わる私たちが大切にしなければならないのが「三感(感謝・感激・感性)」です。常に他人に対して思いやりの心を忘れない感謝、困難に直面した時でも常に志を高く持ち初心を貫いて事をなし得た時の感激、そして、環境の変化やリスクを予知できる感性、これを、私は人間力の基本と考えています。東振は、この人間力を養成していきます。

回転とは“Revolution”、その言葉は、「革新・革命」につながります。技術における革新とは“Innovation”、社会の利便・安心・快適につながっていきます。東振は経営理念に「人類・社会の発展に貢献する」ことを表明しています。「東振のこれから」を私たちと一緒に創っていきませんか。未来が来るのを待つくらいなら、自分で未来を創る、その挑戦をやりたい方を東振は待っています。

Posted in 2018.08.21 |

採用に関するへのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ:0761-58-5222